概要

開講式

・本会は、昭和40年4月熊谷市体操協会として発足しました。そして、令和元年度から新しい組織になり、協会員一丸となって活動に取り組んでいます。

・熊谷市体操協会は、体操を通じて心身の健全な発達に寄与し、健康で明るい市民生活の向上と発展に寄与することを目的としています。
 また、本会の事業は次の通りです。
 1熊谷市における体操競技の強化発展と相互の融和連絡を図ること。
 2体操を通じて体育思想の健全なる啓発宣伝を図ること。
 3体操指導者並びに選手の養成連絡を図ること。
 4各種の講習会・講演会・実演会・研究会を開催すること。
 5役員・選手を登録させ、合理的な普及を図るとともにアマチュア精神を確立すること。
 6その他本会の目的達成に必要な事業。

・本会の大きな事業としては、幼児、児童を中心に約260名の体操教室を開設していることです。体操教室は、体操競技の基礎技術を正しく学習し、生活の中に運動に親しむ習慣を育て、健康づくりと体力の向上を図ることを目的に活動しています。内容は、マット運動・跳び箱運動・低鉄棒・平均台・トランポリンで1日2種目のローテーションで練習しています。秋には、練習した成果を発表する場として大会を開催し、幼児・児童の輝く姿を見ることが出来ます。

・体操教室の他には、さくらマラソン大会、東日本実業団駅伝、妻沼駅伝、埼玉駅伝など各種駅伝大会の競技役員として参加しています。

壁倒立の練習
跳び箱の練習
トランポリンの練習
会長名
担当者名
団体お問い合わせ先(メール)
会員数

熊谷市体操協会より

令和4年度熊谷市総合スポーツ大会

 令和4年10月23日(日)に令和4年度熊谷市総合スポーツ大会体操競技の部が行われました。幼児から中学生まで体操教室で練習してきた技を発表しました。

<結果>(表彰は5位までですが、3位まで紹介します)
 ○幼児男子跳び箱・マット
  1位 髙橋旺聖 2位 渡部 匠 3位 鎌田康平
 ○幼児女子跳び箱・マット
  1位 倉上心希 2位 蝦名優恵 3位 正田芽彩
 ○1年男子マット                    ○1年女子マット
  1位 新井雄希 2位 丸山湊人 3位 石井琉亜         1位 飯島未玲唯 2位 新井澪里 3位 原口光莉
 ○1年男子跳び箱                    ○1年女子跳び箱
  1位 鈴木悠真 2位 浜本蒼太郞 3位 齋藤拓海        1位 藤井香織子 2位 原口光莉 3位 谷中恵理
 ○2年男子マット                    ○2年女子マット
  1位 緑川 藍 2位 中島 駿 3位 福田耀介         1位 小林優衣 2位 重田ひかり 3位 下嵜芽依
 ○2年男子跳び箱                    ○2年女子跳び箱
  1位 緑川 藍 2位 中島 駿 3位 福田耀介        1位 折原怜奈 2位 重田ひかり 3位 鈴木希織
 ○3・4年男子マット                  ○3・4年女子マット
  1位 加藤瑠斗 2位 玉田颯哉 3位 高野隼輝         1位 松岡亜里沙 2位 緑川 凜 3位 田村瑠珈
 ○3・4年男子跳び箱                  ○3・4年女子跳び箱
  1位 加藤瑠斗 2位 高野隼輝 3位 鎌田涼輔         1位 谷中真理 2位 田村瑠珈 3位 下嵜心優
 ○5・6年男子マット                  ○5・6年女子マット
  1位 鈴木廉太郎 2位 高野大輝 3位 松原叶和        1位 新井もあ 2位 木南陽菜 3位 篠田未悠
 ○5・6年男子跳び箱                  ○5・6年女子跳び箱
  1位 鈴木廉太郎 2位 高野大輝 3位 高坂和希        1位 新井もあ 2位 木南陽菜 3位 片桐里彩
                             ○中学女子マット
                              1位 赤羽美咲 2位 嶋田百恵 3位 玉田彩月
                             ○中学女子跳び箱
                              1位 嶋田百恵 2位 赤羽美咲 3位 玉田彩月